簡単だけど意外と強い「テンビンとハリスの結び方」

釣糸の結び方、第8回は、テンビンとハリスの結び方です。
ルアー釣りではなく、チョイ投げのエサ釣りで使います。

この釣り方は近日アップします(^^)
まずは予習として結び方を覚えておいてくださいね♪
エイトノットループを覚えていれば簡単ですよ!

根掛かりでハリスが切れることはよくあるので、素早く取り替えて手早く投げたいですよね!

テンビンとハリスの結び方

結び方手順

1.ハリスの針の付いていない方の先端でエイトノットループを作ります。
2.テンビンのリング部分に針を通します
3.ループに針を通します
4.そのまま針を引っ張っていきます。
5.ループをテンビンのリングにくぐらせます
6.最後にしっかり締めこみます

これだけです(^^)

はずし方手順

1.ループの輪を爪の先や針の先端などで緩めます
2.そのまま引っ張り、輪が大きくなったら針を輪から抜きます
3.針のほうを引っ張り、テンビンのリングからハリスを完全に抜き取ります

ハリスの取替えなら、このあと結び方の1~5を行います。
仕舞うときもハリスを切らずにすみますよ!

※コツは特にありません(^^;
※強いてあげるなら、エイトノットループの結び目がテンビンのリングに引っかかりやすいので、穴を通りやすいように指先でガイドしてあげることくらいでしょうか。

タモレの結び方(動画)

画像をクリックするとYoutube動画ページを見られます!

テンビンとハリスの結び方動画を見る

Youtubeの釣り女部チャンネル登録もお気軽に!

【初心者仲間の皆さんへ】
わからないことがあれば、コメント欄へ書き込んでください。 タモレもわからないことでも、なんとか調べて記事にしたいと思います!
【経験者の諸先輩方へ】
間違っているところや、こうした方がより良いよ!ということがあれば、コメント欄でぜひぜひアドバイスください!記事で紹介したいと思います!

 

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP