マハゼ・ウロハゼ・ニシキハゼの見分け方

良く似ているマハゼ・ウロハゼ・ニシキハゼの見分け方をまとめてみます。

釣ったばかりの姿

釣りたてのマハゼ・ウロハゼ・ニシキハゼ

マハゼ:透明感のある茶に、黒い斑点
ウロハゼ:マハゼより濃い茶に、黒い斑点
ニシキハゼ:透明感のある茶に、オレンジとブルーのライン

スタイル

マハゼ:やや頭が大きいが、スマート
ウロハゼ:頭が横に張り出して大きくズングリ
ニシキハゼ:マハゼよりやや頭が小さくスマート

マハゼとウロハゼの比較

持ち帰った後のマハゼとウロハゼの比較をしてみます。
ほぼ体長は同じくらいの個体を選んでみました。

体側

マハゼとウロハゼの体側

ウロハゼは、生きている時よりも身体の色が黒っぽくなります。

頭部

マハゼとウロハゼの頭部

これは生きている時の方が分かりやすいですが、ウロハゼは頭が横に張り出しています。

腹ビレ

マハゼとウロハゼの腹ビレ

釣った直後でも持ち帰った後でも、一番分かりやすい見分けポイントです。

マハゼ:黄色
ウロハゼ:黒

腹ビレだけでなく、ヒレ全体がマハゼは黄色っぽく、ウロハゼは黒っぽいです。
分かりにくい時は、ひっくり返して腹ビレを見れば一目瞭然です。

捌いた後

マハゼとウロハゼの松葉おろし

捌いていると、ウロハゼの方が中骨が硬いことに気づきます。
松葉におろして並べてみると、ウロハゼの方がウロコが大きいことに気づきます。

皮も取ってしまうと分からないかも(^^;

参考になれば幸いです♪

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

ニジマスと玉ネギのシチュー
ニジマスの捌き方
魚じゃないけど…鶏肉とほうれん草のホワイトソース煮風(時短)
ニジマスの揚げ焼き竜田揚げ風
ジャパンフィッシングショー2017に行ってきました!
メゴチ(ネズミゴチ・テンコチ・ガッチョ)の捌き方
サングラスや偏光グラスを掛け続けると良くない?『偏光グラスは本当は良い』
釣る前にチェック!触ると危険!食べると危険!『毒や怪我に注意!危険な魚』
ソフトルアーで釣った真タコを美味しくいただきました♪
ふれーゆで釣行の合間にドクターフィッシュ
ニシキハゼの捌き方
noimage
『釣り好きは猫好き?』アンケート・6か月途中経過
釣り女必見!とってもキュートな魚イラストサイト『AHOAHO BRAINS お魚画像イラスト♪のご紹介』
釣ったマハゼを美味しく頂きましょう!

Menu

HOME

 TOP