釣った魚を持ち込みで料理してもらった時のこと

「その他いろいろ」カテゴリです。
徒然なるままに、いろいろなことをつぶやいていきます。

6月頃の釣行時の話です。
同行の釣り仲間がシリヤケイカをガンガン釣ってます。
タモレは「今日は私だけボウズだな~」と思いつつ、投げてはしゃくり、しゃくっては投げ。

そんな中、すごい根掛かりをしてしまって、なかなか復旧できません。
ラインにテンションをかけてはゆるめ、ゆるめてはかけ、ブンブンやってもダメ。
方向を変えてブンブンやってもダメ。

仲間が交代してくれて、なんとか根掛かりした物体ごと引き上げることができました。
あがってきたのは、おそらく根掛かりなどで切れてしまったであろう先人たちの釣糸のカタマリ。

と、その時。

釣糸のカタマリがうごめいている!?

なんと、大量のラインにがんじがらめになったカニが釣れていました(^^;

その後、地元に戻り、釣った魚を持ち込むと料理してくれる店へ仲間の釣ったシリヤケイカとともにあずけました。
さらに1時間半ほどしてから店へ。

イカ×4とカニ×1を、こんなに豪華な料理に仕立ててもらいました!

シリヤケと岩ガニ

カニは岩ガニというものらしく、硬くて包丁が入らないということで、丸ごとゆでてくれました。
味は良いですよ!ポン酢で美味しくいただきました★

イカも全部シリヤケかと思ったら、1杯だけスミイカでした。
シリヤケイカとスミイカを刺身で食べ比べできました~!
シリヤケはシコシコした歯ごたえが楽しめるけど、スミイカは柔らかくて甘みがありますね!
マリネ、刺身、天ぷら、茹でゲソの酢味噌和え、シリヤケの玉子も美味しかった~!

天ぷらは天つゆではなく塩でいただきましたが、美味しいですね~♪

釣った魚を自分で捌いて食べるのも楽しみですが、たまには持ち込みOKの料理屋さんでプロの料理を堪能するのもいいものですね!

そして、こんな教訓を得ました。

根掛かりしても諦めなければ、何かが釣れているかもしれない!

ジワジワ動くときは、ラインを切らないよう、ロッドを折らないよう細心の注意を払いつつ、なんとかあげてみるのもアリかと(^^;

 

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

ジャパンフィッシングショー2017に行ってきました!
ジャパンフィッシングショー2016に行ってきました!
ニジマスの捌き方
ニジマスの卵の醤油漬け(イクラ)
メゴチ(ネズミゴチ・テンコチ・ガッチョ)の捌き方
第一回釣り女部部活開催レポート!
釣った小鯛をアクアパッツァで頂きましょう!
youtubeの釣り女部チャンネル-釣糸の結び方動画集
マハゼ・ウロハゼ・ニシキハゼの見分け方
サングラスや偏光グラスを掛け続けると良くない?『偏光グラスは本当は良い』
『釣り好きは猫好き?』アンケート・6か月途中経過
ニジマスの揚げ焼き竜田揚げ風
釣ったクジメやアイナメをレンチンお手軽煮魚にしていただきましょう
ニジマスのアラ汁
釣ったマハゼを美味しく頂きましょう!

Menu

HOME

 TOP