PEライン対応ガイドってどんなものなの?『PEライン対応ガイドの基礎知識』

スピニングロッドの名称』や『必須タックル』の中でガイドのことをお話しました。
では、PEラインを使うためのガイドはどんな形なのでしょう。

PEライン対応の各部ガイド

PEラインは柔らかくしなやかなので、よれたり絡んだりしやすいんです。裁縫に使う普通の木綿糸の方が張りがあって結びやすいと感じるくらいの柔らかさ。それを綺麗にさばいて絡みにくくしてくれるのがPEライン対応ガイドの役目なんですね。

タモレの愛用ロッドをモデルにお話しますね。

トップガイド

PEライン対応トップガイド
これはMNSTガイドです。
傾斜ブリッジが高いので絡みかけたラインが滑っていって抜けてくれやすい形です。
背面部も、金具の継ぎ目がデコボコになっていないので絡みかけたラインが抜けやすくなっています。
逆に、ブリッジがなかったり、背面の金具の継ぎ目がデコボコしているとラインが絡みやすくなります。

中間部ガイド

PEライン対応中間部ガイド
これはLDBガイドです。
適度な傾斜があるので、ラインがかぶってもスルリとさばいて抜けてくれるようになっています。
ガイドがロッドに対して直角に近いと、ラインがかぶってガイドに絡みやすいようです。

バットガイド

PEライン対応バットガイド
ローライダーとも呼ばれるLCガイドです。
傾斜ブリッジがついているので、絡んだラインもスルリと抜けてくれます。
傾斜ブリッジがないと絡んだら抜けずに絡みます。
バットガイドには他に新たにKガイドなども登場しています。

ガイドのメーカーさんの製品ページに、絡みにくい理由が分かりやすくイラスト付で掲載されているので、リンクを貼っておきますね。
トップガイド(富士工業)
LDBガイド(富士工業)
LCガイド(富士工業)
Kガイド(富士工業)

 

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

シンキングとかシャローとかって何?『エギの沈み方によるタイプの違い』
エギングロッドでサビキをしよう『サビキの仕掛け』
素手で触ると魚はヤケドするし、危険な魚もいます『魚ばさみの種類』
ショアとティップランとサーフのエギの違いって?
エギングやルアー釣りに使うPEラインってどう選ぶの?『PEラインの選び方』
エギングロッドでシーバスやマゴチを狙おう『シーバス・マゴチ釣りの仕掛け・ソフトルアー編』
PEラインの先につけるショックリーダーってどう選ぶの?『ショックリーダーの選び方』
エギングロッドでメバリングをしよう『メバリングの仕掛け』
釣りをするなら白内障予防に必要不可欠!『偏光グラスをかけよう』
エギの重さを知っておこう『エギの号数と長さや重さ』
手返しが早くコスパの良いハゼ・キス用自作リグ
ちょっと変わったスピンキャスト(クローズドフェイス)リール
エギの色ってたくさんあるけど、どれを選べばいいの?『エギの色の選び方』
初心者釣り女にお勧めのエギングロッドは?『エギングロッドの選び方』-タックル
ベールとかドラグとかって何ですか?『スピニングリールの名称』

Menu

HOME

 TOP