ガールズ世代を超えた女性釣りビギナーのための『釣り女部』

海釣りデビューしたばかりの50代女性による釣り初心者のための女性目線かつコスパ重視の情報ブログです。

シンキングとかシャローとかって何?『エギの沈み方によるタイプの違い』

time 2014/06/21

シンキングとかシャローとかって何?『エギの沈み方によるタイプの違い』




シンキングタイプとかシャロータイプとか言われても何がなんだか。
一体、どれを選べばいいの?全部なんてとてもじゃないけど買えないよ?
まずはタイプの特徴を知っておきましょう。

sponsored link

沈む速度で異なる3タイプ

シャロータイプ
ゆっくりした速度で沈んでいくタイプです。
シンキングタイプ(ディープタイプ)
素早い速度で沈んでいくタイプです。
ディープと呼ぶ場合もあります。
ノーマルタイプ(ベーシックタイプ)
シャローとシンキングの中間くらいの速度で沈んでいくタイプです。
ベーシックと呼ぶ場合もあります。

1メートル沈むのにかかる秒数

エギのパッケージに1メートル沈むのに何秒かかるか記載されています。
同じメーカーで同じサイズのエギでもタイプによって重さや秒数が違います。
メーカーによっても違いがあるので、下記の表はおおよその目安として考えてください。

3.5号の場合 シャロー ノーマル シンキング
重さ 19g前後 20g前後 22g前後
沈下速度 5~6秒/m 3~4秒/m 2.5秒前後/m

水深で選ぶ

水深が深い
沈む途中にエギが潮に流されてしまっては、なかなか底が取れません。
しっかりと底を取れるシンキングタイプが向いています。
水深が浅い
すぐに沈んでしまってはフォール中にイカが掛かる暇がありません。
ゆっくり沈むシャロータイプが向いています。

潮の流れで選ぶ

潮の流れが早い
水深が浅くても潮の流れが速い場合はノーマルタイプかシンキングタイプを選びます。

最初に1~3本買うのであれば、タイプはノーマルでカラー違いを選べばいいのかなと思います。
予算があれば、タイプ違いを2~3色ずつ揃えておきたいですね。

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


釣った魚を食べる

書いている人

タモレ☆釣り女部

タモレ☆釣り女部

いつのまにか釣り歴4年の50代女性。コスパ重視で釣女ビギナー生活中!普段の姿は犬・猫大好きな普通の事務のおばさん。陸っぱりやエリアトラウトのネット仲間ができるとうれしいです。経験者からのご指南もいただけると感激です! [詳細]

投げ銭はこちら

↓BitZenyを送る
BitZenyを送る
↑BitZenyを持ってなくても、ツイッターアカウントがあればフォーセットでタダで貰って送ることができます(^^)

↓Twitterアカウントをお持ちならマルチなこちらでも(^^)

サイト内検索

タモレ☆釣り女部のツイート



sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。