PEラインの先につけるショックリーダーってどう選ぶの?『ショックリーダーの選び方』

PEラインは細くて軽いので水に浮きます。
また、引っ張られる力には強いのですが、横の摩擦には弱くて、岩などに引っかかって横に擦れると切れてしまいます。
また、非常に柔らかいのでルアーに絡まりやすいという難点もあります。
そこで、ルアーとPEラインの間にショックリーダーとして別のタイプの糸をつけてあげます。
では、リーダーはどう選べばいいでしょう?
エギング仕掛け図

ショックリーダーの選び方

リーダーに使う釣糸の種類

フロロカーボンが主流です。
PEラインの選び方』の1つめの表はご覧になったでしょうか。
ナイロンは比重がやや軽く水に浮きやすいです。フロロカーボンは比重が重くて水に沈みます。

エギングではエギを海底に沈めるので、水に浮くタイプではエギが自然な動きにならずにイカが警戒します。沈みやすいフロロカーボン製のリーダーを使いましょう。

太さ

リーダーの太さはラインの太さに合わせます。
0.8号のPEラインであれば2~3号のフロロカーボンになります。

長さ

1回に使う長さは1~1.5m位です。30m巻きがあれば十分ですね。
長すぎるとキャスト(ルアーを投げる)時に取りまわしが難しくなります。

1回先端にルアーやスナップなどを取り付けると15~20cmは使います。毎回少しずつ短くなりますよね。
短くなってくるとPEラインが絡みやすくなったり、根掛かりでPEラインまで擦れて切れたりと、ライントラブルが起きやすくなるので、こまめに交換することが大切です。
交換目安は『ショックリーダーが50~60cmになったら、新たに1~1.5mを付け替える』です。

タモレが使っているのはこれです。

ヤマトヨテグス(YAMATOYO) フロロ ショックリーダー 30m 3号 クリア

価格:450円
(2015/8/7 13:19時点)

フロロカーボン ショックリーダー 3号 30m巻きをアマゾンで探す
フロロカーボン ショックリーダー 3号 30m巻きを楽天で探す

 

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

エギングやルアー釣りに使うPEラインってどう選ぶの?『PEラインの選び方』
ルアー釣りを始めたいけど、何を揃えればいいの?『必須タックル』
エギングロッドでサビキをしよう『サビキの仕掛け』
ベールとかドラグとかって何ですか?『スピニングリールの名称』
ちょっと変わったスピンキャスト(クローズドフェイス)リール
初心者釣り女にお勧めのエギングロッドは?『エギングロッドの選び方』-タックル
釣りをするなら白内障予防に必要不可欠!『偏光グラスをかけよう』
号とかlbとか尺とか釣りの単位が分からない『釣りの単位換算表』
エギングロッドでシーバスやマゴチを狙おう『シーバス・マゴチ釣りの仕掛け・ソフトルアー編』
エギングロッドでメバリングをしよう『メバリングの仕掛け』
PEライン対応ガイドってどんなものなの?『PEライン対応ガイドの基礎知識』
玉網(タモ)って何でもいいの?『玉網(タモ)の選び方』
エギの重さを知っておこう『エギの号数と長さや重さ』
シンキングとかシャローとかって何?『エギの沈み方によるタイプの違い』
リールはどんなものを選べばいいの?『スピニングリールの選び方』

Menu

HOME

 TOP