釣り糸の結び方を動画で覚えよう『ノーネームノット(8の字ぐるぐる結び)の結び方(動画有り)』

釣糸の結び方、第7回は、ノーネームノット(8の字ぐるぐる結び)です。
ラインとリーダーをつなぐときの、FGノットと並ぶ、強力な摩擦系の結び方です。

エイトノットハーフヒッチをしっかり練習しておけば、手順は難しくありません。
現場でライントラブルに合ってもすぐに結べるように、動画を見ながら何度も練習してみてくださいね!

100円ショップの荷造りテープは、惜しげなく練習できておすすめです☆
タモレも動画で使ってますよ!
色違いで2色用意しておくとライン同士の結び方を練習するときに便利です!

ノーネームノット(8の字ぐるぐる結び)の結び方

結び方手順

1.リーダーを右手側、PEラインを左手側から使う分だけ取り出しておく。
  (※このときにリーダーは切らずに巻いたまま固定しておくとやりやすいです)
2.リーダーの先端から15cm程度のところでエイトノットの8の字を作る。
3.リーダーの先端と同じ方向で、8の字にPEラインを通す。
4.8の字の付け根からPEラインをリーダーに『ぐるぐる』と5~7回ほど巻きつける。
5.巻きつけ終わったら1回だけハーフヒッチで締めこんでおく。
6.往路と同じ向きで同じ数だけ『ぐるぐる』巻きつけながら8の字に向かって戻る。
7.PEラインの先端を、8の字の穴にくぐってきた通りに戻る形で通し戻す。
8.リーダーのエイトノットを締めこむ。
9.PEラインを引いて『ぐるぐる』とエイトノットにゆるみがでないよう締めこむ。
10.PEラインの元に繋がる長い方とリーダーを平行に歪まないように左手で持つ。
11.PEライン+リーダーの2本に、先端側のPEラインでハーフヒッチを2回1セットで3~5セットほど行う。
 ※上下1セットする毎に、ツバなどでPEラインを濡らしてきつく締めこみます
12.3~5セット終わったら、リーダー部分のみハーフヒッチから出たギリギリの付け根でカットする。
13.PEラインの元につながる長い方に、先端側のPEラインでハーフヒッチを2回1セットで3~5セットほど行う。
 ※上下1セットする毎に、ツバなどでPEラインを濡らしてきつく締めこみます
14.最後にしっかりきつく締めこんでから、先端の方のPEラインをハーフヒッチから出たギリギリのところでカットして完成です。

手順は単純作業の繰り返しです(^^)

動画を見比べたり、実際に練習してみてね!

※コツは、リーダーもラインもピンと張った状態にすることです。
・リーダーをカットせずにテープなどで動かないよう固定しておくとやりやすいです。
・PEラインもリールから必要分だけ出して、動かないようにしておくとやりやすいです。
※PEラインをツバなどで濡らさないと摩擦熱で切れやすくなります。
・ツバが抵抗あるようなら、切手を濡らすスポンジなどで濡らしてもいいですよね。
・ビショビショではなく、湿らせる程度で。
『ぐるぐる』も、ハーフヒッチも、しっかりと緩みなく締めこみます!
・ここが緩まなければ非常に強力なノットとなります。
・緩んでいるとライン抜けを起こす可能性があります。

タモレの結び方(動画)

画像をクリックすると動画が見られます!

ノーネームノット(8の字ぐるぐる結び)の結び方動画を見る

Knots 3Dの掲載

この結び方はKnots 3Dでは今のところ載っていません。

【初心者仲間の皆さんへ】
わからないことがあれば、コメント欄へ書き込んでください。 タモレもわからないことでも、なんとか調べて記事にしたいと思います!
【経験者の諸先輩方へ】
間違っているところや、こうした方がより良いよ!ということがあれば、コメント欄でぜひぜひアドバイスください!記事で紹介したいと思います!

 

おすすめ記事

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP